ツイート

島根県松江市のホームページ制作/SEO対策・作成・チラシ制作・デザイン・映像制作の松江の吉田写真堂PAGE TOP

2016.12.09 もじもじしてみよう


こんにちは!
12月上旬とはいえ年末ムード満載ですね。
年々とハードになっていくこの時期、クリスマスなどの楽しい
イベントにも目もくれず日々を過ごしております。

さてさて、ここ最近では新たな知識、感覚を身に着けないと
いけないような現場も多くなってきました。
そんな折にふと自らを振り返ると、制作に没頭するあまりに
本来の自分の得意分野や発揮すべき「感覚」を見失っている
ことも多いことに気付かされます。

センス、クオリア、なんていうと聞こえがいいですが、
可愛い、かっこいい、渋い、という感じを上手く表現して
相手に伝えて行くことってやっぱり難しいものです。

「可愛い」だけでも種類や個人差がありますし、目に見える
色合いや形だけでなく、タイトルやコピーなどといった「言葉」
までそこに加わるとどんどんモノづくりが難しく、そして楽しくなりますよね。

1

こう見ると普通ですが。

3

色や大きさで強調するとちょっぴりドラマが生まれます。

2

これだと主人公の生活や年齢も見えやすくなりますね。

11

色や字体だけでなく、間隔や文字の流れなども考慮するとまるで文豪のよう。
ペリカトールってなに?僕が一番知りたい。

4

こうなるともう本当何者かが降臨しそうで怖いです。縦書きにすると更に強そう。
一人称がワレとかウヌとか言うやつはだいたい悪いやつのニオイ!

6

英語の場合も見せ方で年齢や生活シーン、時間帯も絞れます。

10

こんなのが鏡や壁に書いてあったらそこはもうB級映画の世界!気をつけなはれや!
発音のイメージは顎と首を思いっきり引っ込めながら「オアイウヴィルウェイガー」って低い声で言ってごらん。

9

こちらはなんか起きた瞬間に海賊とかにされそうですね。

7

言ってることはだらしないのに何かに目覚めそう。君は次に「起きる」と言う。ババーン!

8

事件のニオイしかしませんね。おまわりさん!こっちですぅー!!

えーー…と、いうことで色々と文字やデザインに対して人が感じる
空気感やドラマが全く別物になっていくのが楽しいというお話?でした?

最終的に制作物を手に取る、または見る対象となる人物の、
世代・性別、そしてどんな生活感で毎日を過ごしているのかを今より大きな
目線で考えながら根拠を当てはめていくことで、あとになって唐突かつ実に
○○○○で○○○○な意見でブレることのないものづくりができるのかも。

大変なことも多い現場ですが物事に対して愛と勇気を持って
取り組んでいきたいものですね まる

by Yuto matsumiya

|