ツイート

島根県松江市のホームページ制作/SEO対策・作成・チラシ制作・デザイン・映像制作の松江の吉田写真堂PAGE TOP


h1

COMPANIES Vol.02
西日本補聴器

吉田写真堂が日頃お世話になっている企業様を紹介するコーナー。第二弾は補聴器のプロショップ「西日本補聴器」さま。明るい色の看板や、あの”安来のおじ”による「にしにほんほちょ~き♪」というサウンドロゴがおなじみのテレビCMを見たことがある人も多いことでしょう。

h3

まず、西日本補聴器さまでは、映像制作やホームページ制作などで広報のサポートをさせていただいております。
代表者であり創業者でもある永原社長はバリバリの現役トップ、お店だけでなく広報物の細部にいたるまで、きちんと「らしさ」が盛り込まれるよう、様々な分野にチャレンジしておられる印象を受けました。豊富なサポート体制なども常にお客様と同じ目線で考え続けることで、常に安心して補聴器を利用できる環境を整えておられます。

私たち自身、「補聴器」というアイテムに触れるのは西日本補聴器さんに出会ってからが初めてのことでした。機能や役割、特徴などとても多様で一部に触れるだけでも覚えきれないほど。
補聴器は指先ほどの大きさですがその内部はまさに精密コンピューター、音の大きさや高さ、聞こえる言葉の質感などすべて個人に合わせて調整されています。
国内でも先駆けてデジタル補聴器を取り入れられた方針も、すべて使われる人の快適な生活を考えられてのこと。

h5
h2
h4

海外から輸入された高性能な防音室や調整機材の数々もすべてこだわられています。ゲーム機ほどの大きさの機材が実は車が買えるほどの高級品だったりと、その取り扱いにも緊張が走ります。

そうした反面、お店を見回すととてもかわいらしいディスプレーやちいさなアイテムも目に止まります。
少しネガティブなイメージのある補聴器を、もっと気軽に、身近に感じてほしいという想いが伝わってくるようです。耳の聞こえが良くなるだけで、家庭の色んなシーンが明るくなるというイメージを色んな言葉で伝えていただきました。

実際、お客様から寄せられる声を紹介していただいた際にも、生活の様々なシーンで、声や音、つまりコミュニケーションが円滑になることでこんなにも日々が明るくなるんだなと実感させられました。

「ご家族との暮らしはもちろん、川のせせらぎや鳥の声が聞こえたほうが自然を感じられる。お鍋のグツグツや焼肉のジュージューした音が聞こえる方が食事も美味しく楽しくなりますよね。」

そう話してくれたときの永原社長の笑顔が強く印象に残っています。

|