島根県松江市のホームページ制作/名刺制作・SEO対策・作成・チラシ制作・デザイン・映像制作の松江の吉田写真堂PAGE TOP

2018.02.07 カレー屋さん

Pocket

カランカラン
「へいらっしゃい」

ガヤガヤ
「ここ、カレー屋さん?」

「へぇ、カレー屋でござい」

「そしたら僕らに美味いカレーをひとつお願いしようかな」
「なんかわかんないけど誰もが好きそうな感じのカレーがいいね」
「そうね、具がね、いい感じの」

「へぇ、そしたらちょっとインパクトのある味から優しめの味など色々と人気ですが」

「そうね、そしたらどんなのがあるか見てみたいね」

「そしたらそこにメニューがありまして、トッピングも相性の良いものをご用意できやすが」

「あーいや、味とか匂いとか見たくてね、ほら、作ったのが見たくて…あとあんまり時間がなくて」

「へぇ…それでしたらこのぐらいの味見ならいくつか…」

「すいませーーん、こっちにお任せカレーふたつーー!」

「へいーただいま!」

「あー、こんな味なのね」
「そしたらこのトッピングも試したいね、あとこれも」
「なるほどね、ということでこの味とトッピング複数、試させて下さいね」

「へぇ、しかし他のお客さんも立て込む時間で…」

「え?僕らが先に入ったのに?僕らも時間がね、ないんですよ」

「へ、へぇ…」

「僕らもね、最大限良いものが食べたいんですよ、プロの味が

・・・

「それでしたら…こんな感じでよござんすか…」

「あーー、近いんじゃない?」
「うん、近い近い、でも皿の色は流行りの色にしたらどうかな?わかんないけど」
「甘みが欲しいね、 ここに苺とあんこ乗せてほしいな」
「ふむ、ということで、それ、お願いできるかな?
無いものは最悪持ってくるんで

「へっ!あ、あんこでがすか!?それはちょっと味が…」

「あー、味の良し悪しは最後に確かめるんで、とりあえずあんこと苺、乗せるだけなんですぐですよね

「へぇ…じゃあ、こんな、感じでがしょか…?」

・・・

「あーー、近いかも」
「だいぶ近いねー、味はまぁわかんないけど目立つしねー」
「わし、この前お刺身食べて美味しかったからそれも乗せたらいいんじゃない?」

「へ!?へぇしかしお客さん、刺し身とカレーは合わないんじゃ…?」

「いやぁこの人ね、わかっちゃう人なんだよ、食通だから。
ちょっと乗せるだけだから、店長さんのセンスに任せるしさ!カレーも減らしていいし、お願い」

「へ、へぇ…」

・・・

「あーーー、どう、これ?」
「いいんじゃないかな?味はわかんないけど」
「これならみんな好きなんじゃない?たぶん。わし刺し身好きだし」

「へ、へぇ…そしたらお代を…」

「えっ?僕らまだ食べてないですよね?」

「!?」

「ちょっとーー!こっちの注文まだーーー?」

「へ、へぇ!ただいま伺いやす!」

カランカラン
「おー、やっとるな、どやこの店は」

「いやぁ部長!今こんな感じで」

「なんや?これ、もっとこう、あれやろ、シンプルにやろ
ほら、こんなピンクのご飯にこんな感じで卵巻いたやつでな…、
都会のセンセが教えてくれたからこれで間違いないやろ」

「あー、これー!」
「いいですねー、部長さすがですねー!」
「せやろ!都会のセンセの言うとおりやで」

「へぇ…これ、オムライスじゃ…?」

「なんや、これオムライスいうんかいな!ほなオムライス作ってや!」

「いや…うちカレー屋で…」

「まぁまぁ、近くなればいいんで、厨房あるしできるでしょ?オムライス一つね」
「そうそう、さっきのあんこと苺と刺し身も一緒にね」
「せや!わてが来るまでに出したもんも出してや!比べたるさかいに!」

「あとね、ほら、時間ないんですよ。食べたらすぐお会計しますし。
 あれ、店長さん、プロ…ですよね?

「おーーーい!こっちはー!?ったく、もういいよ!帰るっ!」
カランカラーン

「あ、それとですね、なんか他の店でも食べたくなっちゃって。
最初の予定から量も減らすので安くなりませんか?」
「あれ、おーい?店長さん?…えて…す?店…さー…?…ーい…?

問 上記より、カレー店のオーナーが取るべき方針はどれか。
A.最初の指針で提案・同意したものをブレずに給仕する頑固店になる。
B.店長はこのまま柔軟な対応力を見せるのが良い。
C.試食の有料化、給仕できるメニューや調理時間を明記する。
D.フォースの暗黒面に堕ちる
E.我こそはプロのカレー屋だ。素晴らしい答えを教えてやろう → matsumiya@yoshida-sd.com へ送る

|